駒沢女子大学作品
駒沢女子大学での2014年度の課題作品です。
選択授業枠ですが、皆、限られた時間の中で頑張って制作しました。
前期は、いらなくなった着物や服、残糸や残反等を再利用して織った裂き織りです。
織り上がった布でバックやポーチを制作。
伝統的な裂き織りが、時代を越え若々しくオリジナル性に富んだ作品に仕上がっています。
後期は、シャギーの技法でそれぞれ個性豊かな模様に植え込み額装しています。

c0000759_13293122.jpg


c0000759_1330158.jpg

by riedesign | 2015-03-12 13:28 | design
<< インドのカシミア産、ショール 三菱ジュエリーフェアー >>