カテゴリ:アクセサリー( 85 )
株式会社本田技術研究所・講評会
2008年10月15日 ホンダ技術研究所第4回講習会の講評会
北康孝さんと講評会に行ってきました。
c0000759_232283.jpg
ただ者ではない!者達に関心、関心・・・・いい感じに仕上がったじゃないですか!!

c0000759_2375345.jpg
テクニックや器用さも大事だけれど、それ以上に大切なものは、物に対する思いや物語、物に対する純粋さだと思います。いいですね、これ・・・・

c0000759_233535.jpg
互いの作品に思わず引き込まれます。

c0000759_23174018.jpg
なぐもりえ賞、おめでとうございます。溶けるリング。造形性もトレンド性もある作品です。

c0000759_2334079.jpg
きたやすたか賞、おめでとうございます。ボタン。新鮮な発想のアクセサリーです。

c0000759_23124313.jpg
制作した作品と共に制作への想いを聞くのは本当に楽しいですね♪
あ〜〜〜〜みんな良かったですね!ばんざぁ〜い!!
by riedesign | 2008-10-15 22:31 | アクセサリー
『NVサンアート特別セミナー』のお知らせ
今年のサンアートでのセミナーです。
ぜひ、来て下さい。
c0000759_1115080.jpg

by riedesign | 2008-10-14 11:02 | アクセサリー
『gindara 』in東京国際フォーラム・三菱マテリアルジュエリーフェアー
2008年10月1日〜5日 三菱マテリアルジュエリーフェアーが開催されました。
c0000759_10151345.jpg
今回のディスプレーは株式会社内田洋行さん監修の洗練された展示になり、前回にましてさらに大盛況でした。
c0000759_1092835.jpg
各企業での講習会作品と〝男の銀細工〟で紹介されたギンダラセブンの作品群に大勢の来客が引き込まれていました。
c0000759_10142870.jpg

by riedesign | 2008-10-14 10:28 | アクセサリー
株式会社本田技術研究所・講習会
2008年9月27日 第5回ホンダの講習会を開催しました。
今回の講習会は、楢崎恵子さんが初対応です。
c0000759_2244170.jpg

c0000759_22323844.jpg

北康孝さんのこだわりの仕上げデモにみな真剣に聞き入っています。
c0000759_22324830.jpg

今年最後のホンダでの講習会も終わりです。とても良い感じの講習会で盛り上がり良かったです!!お疲れ様でした。
講評会が楽しみですね。仕上げ頑張ってください。

楢崎さん、シェ〜〜〜〜ではなく、バンザ〜イですよ〜X(^_^)X
by riedesign | 2008-09-27 22:32 | アクセサリー
株式会社本田技術研究所・講習会 
2008年9月20日 デザイナー・モデラー・設計さんに加えて、管理課の方達も加わった第4回ホンダの講習会を開催しました。
c0000759_9572781.jpg
今回も、北康孝さん、谷川美也子さんの最強の3人で臨みました。
c0000759_9573933.jpg
ホンダの方達は真面目で個性的。純粋な心は作品にも現れます。作品を見ればその人が解る。これは本当に面白い。
c0000759_958032.jpg
皆の真剣さに私達3人も真剣になっていく。まさに醍醐味ですね。

c0000759_9582878.jpg

by riedesign | 2008-09-21 09:58 | アクセサリー
株式会社デサント講習会
2008年9月10日・17日の2日間で講習会を開催しました。
c0000759_1017214.jpg
水曜日のノー残業デーを利用しての講習会でした。アパレルの会社に所属しているだけあってかなりアクセサリーに対するバランス感覚が良いです。ここで制作されたアクセサリーも国際フォーラムでのジュエリーフェアーに展示されます。皆さん頑張って仕上げてくださいね。展示をお楽しみに☆
by riedesign | 2008-09-20 10:17 | アクセサリー
本田技術研究所・講評会
2008年8月27日 本田技術研究所第3回講習会の講評会。
c0000759_9545788.jpg男性陣の中、紅二点だった華子さんのブローチ。チェーンで繋がったブローチで彼女らしいデザインに仕上がりました。

c0000759_9551339.jpg
どれも面白い発想の物ばかり。ただ者ではない、集団ですねやっぱり、ホンダって・・・

c0000759_9552724.jpg
作品と同じ様にプレゼンもなかなか個性的。作品に対する思いやストーリーも大切な物づくりなのです。

c0000759_9553853.jpg
マテリアル賞の〝男の銀細工〟本。
南雲理枝賞はピーナッツのペンホルダー。ん〜〜〜〜さすが、プロダクトデザイナーですね。

c0000759_9555890.jpg
今回も楽しい講評会お疲れ様でした。
by riedesign | 2008-08-28 09:56 | アクセサリー
株式会社本田技術研究所・講習会
2008年7月19日 デザイナー・モデラー・設計さん対象の講習会を開催しました。今回は昨年に引き続き3回目の講習会となり、2開戦、3開戦組が大半でさらにデザイン性・完成度も上がり楽しい講習会となりました。
c0000759_9514825.jpg
初参加は3人のみでした。話しも弾みます。
c0000759_952462.jpg
3開戦目の八重樫さん。今回も凄くいい。なんて言っても彼は造形力があるし、彫りも凄い。
c0000759_9521974.jpg
初参加、技術開発室のインテリの津久井さん。鏃のデザインは津久井さんにぴったりの素敵なペンダントに仕上がりました♪
c0000759_9523168.jpg
ホンダの講習会は皆個性的で本当に面白い。お疲れ様でした。
by riedesign | 2008-07-20 10:01 | アクセサリー
《男の銀細工》 出版記念パーティー
2008年7月11日 出版を記念してパーティーが開かれました。 

c0000759_11562516.jpg

スギダラ三兄弟の南雲勝志さん(左)・若杉浩一さん(真中)・千代田健一さん(右)から花束をもらって大喜びのギンダラ三姉妹の後田麗さん(左)と栗元幸子さん(真中)と私。
c0000759_11563547.jpg

今回この出版本にも多大なご協力をいただいた7人のデザイナーの若杉浩一さん・竹下俊也さん・南雲勝志さん・吉田道生さん・多湖賢司さん・千代田健一さん・白崎達也さん、お疲れ様でした。そして本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
そして協力していただいた方々、パーティーに来て下さった方々、本当にありがとうございました。
c0000759_1156441.jpg

監修の言葉として出版本に掲載されていますが、出版への私の思いを良かったら読んで下さい。

純銀粘土の企画・デザイン・制作・そして講師の仕事に携わって今年で13年が経ちます。そしてPMC純銀粘土が世界で最初に開発されてから18年が経ちました。これまでクラフトの世界ではおもに女性を中心に広めていった純銀粘土ですが、経験者も増え、技術的にもある程度確立されてきたなかで、これから重要になってくる事はデザイン性と社会性ではないかと思い始めていました。
これは美術大学のプロダクトデザイン科で純銀粘土を使用した授業を行ったことがきっかけでした。学生たちがデザイン・制作した作品は今までのホビーやジュエリー業界の物と全く異なった発想のものが多かったのです。
それは、制作のための技術ではなく、自分のイメージするものやこだわりがあって、それをどう具体化していくかというストーリーです。そこにものづくりへ向けた新しい創造が生まれます。
そして、むしろこの素材は大人の男性が楽しむのにぴったりではないか、という考えに繋がっていきました。日々仕事に人生の大半を費やしている世の男性に対し、余暇として楽しむ場をつくれないか? 仕事を離れた”人と人との関わり合いの場”をつくれないか? といった考えに発展していきました。
女性は仕事帰りや休日にホビー教室に通い、余暇を楽しむ場が比較的あります。でも男性はなかなか場がないし作れない。そんな時にふと浮かんだアイディアが、大学の授業のようにこちらから会社に出向いていけば良いんだ、ということでした。幸いにもいくつかの会社で理解が得られ、日々デザインの仕事をしている人達を中心に講習会を開催し、純銀粘土の作品をつくってもらう機会に恵まれました。
結果は予想通りでとても個性的で、ものづくりに対するこだわりや、日常の体験、仕事の知識、自分への思いを通してこちらがわくわくするような作品達が次々と生まれていきました。
これはすごい、ぜひみんなに紹介したい! そんな思いがこの本の出版へと繋がっていったのです。
今回登場してもらった男性七人はそんな中で出会った方々です。いずれも純銀粘土歴は始めてまだ間もないのですが、デザイン分野で活躍している彼らの生み出すものはとても興味深く、そしてとてもおもしろい。
純銀という貴金属素材でつくるこの小さな物には、その人の持っているデザイン能力、技術力、感性がはっきり映し出されます。これは他の素材ではなかなか表現できない希有な存在だと思います。それは自分を知る手掛かりにもなるし、他人を知る手掛かりにもなります。忙しい毎日の中で、そんなことをちょっと考えたり、楽しんだりする時間ってとても大切なんだと思います。
また、制作している過程を見ているとその人の性格が分かってきます。さらに制作した物を見るとその人の考え方が分かってきます。つまり、つくった作品がその人を物語る、っていうかそのものなんですよね。
結果的に純銀粘土でのものづくりを通して得たことや、楽しんだ想いはそれぞれ違うと思いますが、これからの何かのきっかけになったのではないかと確信しています。
世の男性たちは、もっと自由に人生を楽しむべきだと思っています。会社員にとって仕事を離れて対話を持つことは意外と大変でしょうけれど、実は一人の人間として欠かせない大切なことだと思っています
ともあれ、私としてはこの企画を通じて個性的で、わがままで、面白くて、かわいい、プライド高き男の人達と関わることが出来たことを本当、幸せというか大変というか・・・楽しかったです。
昨年から同様の想いで「日本全国ギンダラケ倶楽部」という会を立ち上げました。こちらはいつでも継続して活動していますので一度遊びに来て下さい。
最後にギンダラセブンの方達を初め、出版に協力いただいた多くの方々、本当にありがとうございました。そしてどうもお疲れ様でした。これからもみんなで楽しんでいきましょうね。
by riedesign | 2008-07-17 09:05 | アクセサリー
出版記念!ギンダラ宮崎ツアー
2008年6月27日〜29日 6月に入ってとうとう入稿されたので毎日毎日毎日毎日・・・・・
校正の日々でした。やっとやっと校了!出版!を迎えた日に合わせて宮崎にお祝いと純銀講習会を兼ねて宮崎に行ってきました。

c0000759_9543079.jpg
鵜戸神宮に行きました。宮崎県南で最も有名な神社で太平洋に突き出した鵜戸崎岬の突端の洞窟の中に朱塗りの色鮮やかな御本殿がご鎮座する珍しいものです。
願いを込めながら運玉を投げましたよ!!!亀石と呼ばれる岩の枡形に入れれば願いが叶うといわれています。なんと2個入りました。2個、夢が叶うのでしょうか・・・・

c0000759_944256.jpg

ずっと、ずっと行きたかった堀川運河に架かる夢見橋に行ってきました。
木造人道橋で釘は一本も使わず宮大工さんが作った木組み構造の橋です。

c0000759_9441240.jpg
夢見橋のベンチに腰掛けてビールを飲むのが夢でした。杉で組まれた屋根がとても綺麗です。
感無量・・・・

c0000759_9575675.jpg
延岡市土々呂の雑貨ショップCONIFERさん所有の「ひまゆい」という古民家で講習会を開催させていただきました。素敵な古民家でゆったりとした講習ができました。

c0000759_9444166.jpg

c0000759_943999.jpg

c0000759_9434927.jpg

c0000759_9544362.jpg
日本全国スギダラケ倶楽部宮崎支部の方々には本当にお世話になりました。
激動・感動・感激の3日間でした。ありがとうございました。

c0000759_9445153.jpg
サプライズで「銀だら」のデコレーションを作って下さいました(涙)
本当に、ありがとうございました。
by riedesign | 2008-07-08 09:47 | アクセサリー