<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
新潟県南魚沼市塩沢の『やまだ織物』の機織り工場
やまだ織の生産している代表的な絹織物としては、『塩沢紬』『本塩沢』『夏塩沢』があります。
『塩沢紬』は昭和50年に、伝統的工芸品に指定され、横糸に真綿糸を使用し織り上げる、素朴で風合いが温かな織物。『本塩沢』は昭和51年に伝統的工芸品に指定された、塩沢産地でもっとも生産の多い織物で、『塩沢御召』ともよばれ、横糸に強く撚りをかけた強撚糸(きょうねんし)を使用。織り上げられた後、湯もみをすることにより、撚りが戻り美しいシボ山(凸凹)が生まれます。この特殊な糸使いの風合いが、独特のシャリ感と肌触りの良い優れた織物を作り上げます。
『夏塩沢』は盛夏の絹織物として、透き通るような紗の織物。
いずれの織物も、四季によりその表情を変化させます。

c0000759_1641280.jpg


c0000759_15514166.jpg


c0000759_1549532.jpg

c0000759_15522596.jpg


by riedesign | 2013-12-08 15:49